JTBはクレジットカード不正利用の被害を75%以上減らすことに成功しました。

JTBはクレジットカード不正利用の被害を75%以上減らすことに成功しました。

Case Study

ケーススタディのダウンロードはこちら

JTBは、国内旅行商品に対するクレジットカード不正利用をわずか1カ月で75%以上削減することに成功しました。

JTBは1912年に設立した日本最大手の旅行会社です*1。JTBは、交通や宿泊券の販売から、現在では旅行パッケージの販売や、頻繁に旅行する人向けのサービスの提供へと進化・拡大してきました。

JTBは、月間の不正件数が販売額全体の約1% *2を占めることを懸念し、5社のシステムを検討した結果、旅行業界に特化した不正対策ノウハウとサポート実績、豊富なコミュニティデータを持つAccertifyを不正検知システムに採用しました。

JTBの最新導入事例では、日本国内パッケージ旅行商品のクレジットカード不正利用*3わずか1ヶ月で75%以上*4削減するなど、大きな成果を上げています。

*1:観光庁 統計情報「旅行業者取扱高統計」(2023年度)に基づく。
*2:顧客データに基づく。
*3:ここでいうクレジットカードの不正利用とは、カード加盟店が販売する商品を取得するために、偽りや不正アクセスなどの不正な手段で取得した他人のクレジットカード番号などの情報を利用することをいいます。
*4:Accertifyのテクノロジー内のJTBの取引データを使用し、2023年8月から9月の不正利用率に基づく。